ヴェルファイアに乗り換えようと思っている、あなた。

維持費がどれくらいになるのかって気になりませんか?

今回は、トヨタのヴェルファイアの維持費の概算と維持費の削減方法のご案内です。

年間あたり総額で35万円くらい

内訳は

・ガソリン代10万円

・駐車場代12万円

・車検代3万円、3年で約10万円

・任意保険6万円

・自動車税45000円

この記事を読むことで

ヴェルファイアに乗り換えを検討している方にとって、維持費がどれくらいかわかることで、乗り換えの検討材料になります。

・既にヴェルファイアに乗っている方にとって、維持費削減の指針になります。

ガソリン代

年間あたり10万円

・1リットルあたり12キロ走行できるモデルと仮定します

・年間辺り1万キロ走行

・ガソリンの値段は1リットルあたり120円とします

1万キロ÷12=850リットル

850リットル×120=10万円

となります。

より、燃費を節約するにはどうしたらいいのか??

・低燃費タイヤに乗り換える

・重い荷物を載せすぎて、燃費を悪くしない

・急発進や急加速をしない

などでしょう。

駐車場代

年間あたり12万円と試算しました。

・1か月あたり1万円

・それに12をかける

としました。

より安くするには

・田舎に引っ越す(実質駐車料金タダのところも)

・駐車場シェアサービスを利用して、他人と共有して安くするなどでしょうか。

車検代

3年間で10万円、1年で約3万円です。

車検代は、

・法定費用(自賠責保険代+重量税+印紙代)

・車検基本料(ゼロ円から10万円まで)

となります。

詳しく見ていくと

法定費用

・自賠責保険39000円(3年間で)

・重量税12500円

・印紙代1000円

法定費用は合計で52000円くらい。

車検基本料

・ユーザー車検ゼロ円

・車検代行業者1万円

・フランチャイズの車検工場5万円

・ディーラー車検10万円くらい

ユーザー車検とは、ユーザー自らが運輸支局に車を持ち込んで車検を行います。

また、車検代行はユーザーが運輸支局に持ち込む行為を代行してくれます。

ただ、ユーザー車検と、車検代行は整備はしません。

それゆえ、事故や故障のリスクは常に付きまといます。

ですから、どうしても安く済ませいた場合でも、5万くらい支払ってフランチャイズの車検を受けた方がいいでしょう。

任意保険

これは、わたしの事例ですが年間で約6万円くらいです。

つけた条件は

・30歳ゴールド免許

・運転者を自分と配偶者に限定(限定した方が安くなる)

・搭乗者傷害保険をつけない(限定した方が安くなる)

・対人対物無制限

・等級は12級としました(若いほど等級が低くなって保険料が高くなる)

としました。

ただ、人によってケースバイケースなのでなんとも言えないところであります。

一度保険料を比較して、もっと安くならないか検討してみるといいと思います!

自動車税

これは、年間で45000円かかります。

1年に1回、5月に払わないといけないアレです。

車をヴェルファイアに乗り換えるなら

下取りは絶対にダメ

皆さん、車をヴェルファイアに乗り換える時に、古い車を下取りに出していませんか。

ただ、下取りは安く引き取られて損をしてしまう可能性があるのでやめましょう。

なぜなら

・ディーラーさんは中古者を高く売りさばく販売網がないので、安く引き取ってしまうから

・新車を買う際の値引き交渉の時に、下取り価格を安くしてディーラーが損をしないようにしているから

だからです。

買取がオススメな理由・とくに一括買取査定サイトが便利

それで、下取りの代わりにお勧めなのが、車買取という方法です。

車買取とは、車買取業者に中古車を売ることです。

車買取は、中古車を専門に扱っているので、下取りに出すよりも、はるかに高く車を売れます

しかも、車買取をするなら、車買取の一括査定サイトというものを使用するのがお勧めです。

一括査定サイトの仕組み

一括査定サイトとは

・全国で数百社の、車買取業者からあなたの地域のぴったりの業者、あなたの愛車をより高く買取ってくれる業者を紹介してしてくれるシステム

です。

使い方としては

・まずあなたの愛車の情報を、査定サイトに入力

・その後、査定を受ける上での最低限の個人情報を入力

・その後、査定ボタンを押す

たったこれだけです。

一括査定サイトのメリットデメリット

ただ、当然一括査定サイトでもメリット、デメリットはありますよね

メリットは

・1店舗ずつ買取店を周る時間的、労力的な手間が省ける

・完全無料で利用できる

・わずか4分くらいの、短時間で査定申込できる

・とりあえず、今の愛車の価値を知りたいという興味本位の利用でOK

・査定した後に、やっぱり下取りに出したいという心変わりもOK

・下取りよりも平均17万円も高く処分できる

一方デメリットは

・査定申込後、多くの業者から問い合わせの電話やメールが殺到する

・高く売るには多少の交渉スキルが必須

である点です。

あなたのリスクは本当に少ないです。

一度やってみてはいかがですか??