車を買い替える際にダイハツタントにしようかなって思っていませんか?

この記事ではダイハツタントの年間維持費の概算がわかります。

具体的には

・ガソリン代金 6万円
・自動車税 1万円
・車検代 年間3万円(3年間で約9万円)
・駐車場代 年間12万円
・任意保険 年間6万円

合計年間28万円です

この記事を読むことによって

・ダイハツタントに買い替えを検討している方にとって、維持費ががわかることによって本当に買い替えるべきなのか他の車との比較検討ができます。
・また既にタントに乗っている方にとって、頭が痛い維持費の問題について、どこら辺を削減できるのかのヒントになり得ます。

なお、ダイハツタントを新車で購入して3年間乗ることを想定して試算しています!!

ガソリン代

ガソリン代は年間で6万円と試算しました。

・タントの実燃費をガソリン1リットルあたり20キロ走行できると仮定
・年間1万キロ走る
・ガソリンスタンドで1リットル120円のガソリンを入れる

と仮定します。

計算しますと

1万キロ÷20=500

500×120円=60000円

安!!

もっと燃費を削減したいあなたのためのアドバイスとしては・・・

・低燃費タイヤに履き替える
・より安いガソリンスタンドへ行く(ガソリンの純度が悪いための車は傷みます)
・荒い運転、無理な追い越しをしない

でしょう。

自動車税

1年に1度必ず支払います。

年間で10800円かかります。

これは税金のため、削減するのは難しいですね。

車検代

3年間で8万円くらい。

年間で3万円くらいかかります。

車検代の内訳は

・法定費用(重量税+自賠責保険+印紙代)
・車検基本料(0円から10万円くらいまでピンキリ)です。

法定費用の内訳をみていくと・・・・

・重量税8200円
・自賠責保険37000円
・印紙代 今回は省略します

で3年間で約45000円くらい。

車検基本料は

・ユーザー車検なら0円
・民間車検工場なら4万円くらい
・安全性重視でディーラーで車検を受けるなら10万円前後かかります。

今回は4万円の標準の車検を受けてみることにします。

車検代を節約したい・・・・

それならユーザー車検なり知り合いの車検工場に持ち込むなりが一番安くなりますね。

駐車場代

年間で約12万かかると試算しました。

・そこそこ都会に住んでいて月額1万円くらい駐車場代
・それに12をかける

という感じです。

より節約したいなら・・・

・砂利の駐車場など少し条件悪くてもより安い場所を探す
・田舎に引っ越す
・車をいっそのこと手放してカーシェアを使ってみる

でしょう。

任意保険

任意保険は年間で約6万円くらいかかると試算しました。

条件は

・30歳既婚
・ゴールド免許
・対人対物無制限
・運転者は本人と配偶者のみ

でした。

他に色々細かい条件はありますが、人によって千差万別ですね!

一度ご自分の自動車保険がいくらくらいなのか、よりもっと安い保険会社はないか検討してみるといいでしょう。

一括比較サイトがオススメです。

車をタントに買い替えるのなら下取りに出すのは待ってください!

タントに乗り換える心の準備はできましたか?

ただ古い車を下取りに出すのはちょっと待ってください!!

というのも、下取りだと満足のいく価格が付かずに安く処分される可能性があるからです。

それはなぜか?

・ディーラーさんはタント購入時の値引きの額を見て、下取り額を安くして自分たちが損をしないようにしているから
・ディーラーさんは、新車を売るのが仕事。中古車を高く売りさばく販売網を有していないから

です。

そこでお勧めなのが、車買取という車買取業者に愛車を処分する方法です。

よくカーセンサーとかグーとか聞いたことありますよね?

そして車買取でも特に一括車査定サイトというものを使用するとよりグッドで便利です!

一括車査定サイトを使用する流れは・・・・

・愛車の情報を簡単に登録
・査定を受けるための最低限の個人情報を登録する
・最後に査定ボタンを押す

たったこれだけです。

あなたに一括車査定サイトをおススメする理由

一括査定サイトを使用すると以下のようなことが実現できます!

・複数の車買取会社に同時に査定に出すことができる
・1店舗ずつ買取店を周る時間的労力的な手間が省ける
・下取りよりも平均で20万円くらい高く処分をできる
・とりあえず今の愛車の価値がどれくらいか?という興味本位の利用もOK
・査定を受けた結果、やっぱり売らないという選択肢もOK
・完全無料で査定に出せる
・かかる時間はわずか数分

です。

ただ、一方でデメリットもあります

・多くの買取業者が問い合わせのメールや電話をしてくる
・高く売るには多少の交渉スキルが必要

あなたになんのリスクもありませんので一度挑戦してみてはいかがですか?